"先生になりたい"を応援するメディア「おけいこ先生」

   

スキルを活用したい

NEW自分磨きとは?ワンランク上の自分になる方法10選
スキルを活用したい
2022.08.05

自分磨きとは?ワンランク上の自分になる方法10選

自分磨きとは、今よりも素敵な自分になるように努力することをいいます。外見だけでなく、内面も磨いていくことで自信が付き、人生をイキイキと楽しむことができます。

 

ただ、「自分磨きをしよう」と思い立っても、具体的に何から始めれば良いか分からないですよね。そこで今回は、ワンランク上の自分になる自分磨きの方法10選と、自分磨きのポイントをご紹介します。自分磨きは、無理なく楽しみながら続けていくことが大切です。この記事を参考に、早速今日から自分磨きを始めてみましょう。

【外見編】自分磨きの方法5

自分磨きは、外見にフォーカスした自分磨きと、内面にフォーカスした自分磨きに分かれます。まずは、外見に関する自分磨きの方法5選をご紹介します。

いつもと違う洋服を着てみる

洋服は自分で選ぶと、似たような色やスタイルになりがちです。身近な人と一緒にショッピングに出向き、アドバイスをもらいながら、いつもと違う洋服を選んでみましょう。きっと、新たな自分に出会えます。

 

洋服や小物、靴などを選ぶときは、ブランド物にこだわらないことが大切です。試行錯誤して、自分に似合うものを見つけられたら、ブランド物より価値がある自己投資になるでしょう。

ウォーキングをする

運動は、美容と健康の維持に欠かせません。だからといってきつい運動は続かないことが多いでしょう。無理に負荷を掛けるよりも、コツコツと継続することが大切です。ウォーキングは、ウエアや用具をそろえる必要もなく、すぐに始められます。血行が良くなり、シェイプアップだけでなく、お肌にも良い影響があるでしょう。

お気に入りのアイテムを見つける

自分磨きの目的の一つに、「自信を付けること」があります。化粧品や香水など、気分が上がるお気に入りのアイテムは、自信を付けるトリガーになります。いつもと違った気分になりたいときは、新しい系統の香りやブランドを試してみるのもいいでしょう。

髪の毛を丁寧にケアしてツヤを出す

きちんとケアされたツヤがある髪は、清潔な印象を与えます。髪の毛をうまくアレンジできない人も、ツヤを出すだけなら簡単にできるのでおすすめです。丁寧にブラッシングを行って髪の毛の絡まっている部分をほぐし、洗い流し不要のトリートメントなどを少量つけてケアしてみましょう。

 爪のお手入れをする

指先は、意外と人に見られているパーツの一つです。また、自分の視界にも常に入ってくるため、爪が整っていると気分が上がるでしょう。ネイルサロンに行かなくても、やすりで丁寧に形を整え、ネイルオイルを塗っておくだけで爪がきれいに見えますよ。

【内面編】自分磨きの方法5

自分磨き 男性

続いて、内面の自分磨きの方法5選をご紹介します。魅力あふれる人になるために、外見だけでなく、内面もしっかり磨いていきましょう。

朝早く起きる

朝、いつもより早く起きると、1日が長く感じられませんか?時間にも心にも余裕が生まれ、目の前の物事に丁寧に取り組めるようになります。朝活をしている人は、なんだか輝いて見えますよね。早起きが苦手な人は、まずは就寝時間を早めることから始めてみましょう。

日記を付ける

日記は、頭の中を整理して自分と向き合う時間を設けることができるので、自分磨きにおすすめの方法です。15分でいいので、その日を振り返って、感謝や反省、うれしかったことを書いてみましょう。スマートフォンのアプリを使っても構いません。大切なのは方法ではなく、継続することです。

趣味を持つ

「毎日、職場と家の往復…」という人は、知らず知らずのうちに、活力を失っているかもしれません。そんなときは、趣味を持ってみてはどうでしょうか。生活に潤いが生まれて、プライベートだけでなく、仕事にも前向きに取り組めるようになるかもしれません。すでに趣味がある人は、それを人に教えてみると新たな世界が広がるでしょう。

本を読む

読書のいいところは、新しい価値観が身に付くところです。価値観が多様化して視野が広くなると、物事を多面的に考えられるようになります。その結果、問題解決能力が高まったり、新しいアイデアを思い付きやすくなったりするでしょう。

 自分の機嫌を取る方法を知る

人付き合いに対して真剣に取り組んでいる人ほど、自分の機嫌を取ることは後回しにしがちです。他人との向き合い方を考えることも大切ですが、自分をコントロールするスキルも磨いていきましょう。自分なりのストレス解消法や楽しみを見つけて、いつもご機嫌な自分でいれば、おのずと人付き合いもうまく行くようになるでしょう。

自分磨きのポイント

ここでは、自分磨きのポイントを3つご紹介します。自分磨きは、あくまでも自分のために行うものです。人と比べたり、強制したりせず、粛々と自分に向き合うのが自分磨きのポイントです。

頑張り過ぎない

自分磨きは、何よりも続けることが大切です。最初はあまり変化が感じられないかもしれませんが、コツコツ続けていくと、やがて成長した自分に気付けるでしょう。

 

自分磨きを始めるとSNSなどでアピールしたくなりますが、「頑張っている自分が好きな人」と思われてしまうことがあるため、あまりおすすめできません。SNSで自分磨きの過程を発信したい人は、見ている人が楽しめるような内容にしてみましょう。自分磨きの本来の目的を忘れないようにしたいですね。

お金をかけ過ぎない

自分磨きを始めるときは、お金をかけずにできることから始めるのも大切なポイントです。「変わりたい!」と思うあまり、つい背伸びをして身の丈に合わない出費をしてしまうこともあります。支払いに追われると、自分磨きどころではなくなってしまいます。

 

特にブランド物など、外見を良く見せるためのアイテムは出費がかさみがちなので注意しましょう。近所をウォーキングして、お気に入りの香水を手首に一吹きするだけでも、気分を上げることができます。

 小さな目標を設定する

自分磨きはコツコツ続けていくものなので、モチベーションの管理が重要です。楽しく続けていくために、達成できたかどうかがすぐに分かる目標を立てるのがポイントです。

 

例えば、「シェイプアップする」という目標よりも、「130分歩く」という目標の方が、達成できたかどうか分かりやすいです。日記に自分磨きの過程を記録して、自分の成長を楽しむのも良いですね。

 

▼下記記事にて、スキルアップを図るコツを紹介しておりますので、ぜひご覧ください!

スキルアップとは何?スキルアップを図るには何をどうやって考え、実践すればよい?

まとめ

自分磨き リラックス

今回は、ワンランク上の自分になる自分磨きの方法10選と、自分磨きのポイントをご紹介しました。

 

自分磨きは、とにかく楽しむことが大切です。自分と向き合う作業なので、人にどう見られるかを気にする必要はありません。自分の趣味や好きなことを、とことん追求してみましょう。

 

社会との関わりの中で、自分の好きなことを表現していければ、相乗的な自分磨きにつながります。あなたが楽しめる趣味が見つかったら、今度はその楽しさを周りの人に教えてみてはどうでしょうか。

 

習い事をしたい人と教えたい人を結ぶプラットフォーム提供サービス おけいこタウンでは、講座の集客から開催まで、初心者でも簡単に行うことができます。講師を始めたい人をサポートするための環境が整っていますので、ぜひ一度、 おけいこタウンのホームページをのぞいてみてください。

 

おけいこタウン|学びたい人と教えたい人のお稽古マッチング