"教える"を本業・副業に。
スキルアップのためのおけいこメディア

   

スキルを活用したい

女性フリーランスにおすすめの仕事10選!成功のポイントも解説
スキルを活用したい
2022.09.07

女性フリーランスにおすすめの仕事10選!成功のポイントも解説

ご自身のライフスタイルが変化し、現職を辞めて時間の自由が利くフリーランスになりたいと考えていませんか?

 

フリーランスとしてしっかりと稼いでいくには、ご自身が活躍しやすい職種を選び、フリーランスのメリット・デメリットを理解したうえで事前準備を行うことが大切です。

 

この記事では、女性フリーランスにおすすめの仕事10選にフォーカスして解説します。フリーランスになるメリットやデメリット、成功するためのポイントもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

女性がフリーランスになるメリット・デメリット

まずは、女性がフリーランスになるメリットとデメリットを見ていきましょう。フリーランスの良い面だけではなく、マイナス面も理解したうえでしっかりと準備することが大切です。

女性がフリーランスになるメリット

 

フリーランスになるメリットは、なんといっても働く時間と場所を自由に決められることです。会社員とは異なり、仕事の量も調節できるので、自分の望むワークライフバランスを実現できます。

 

また、人間関係のストレスが減るのもフリーランスの大きなメリットです。仕事をするうえで「どうしてもこの人とは合わない」と思うことがあれば、別の仕事を探すことができます。ストレスを減らしながら好きな仕事とじっくり向き合えるのは、フリーランスの特権です。

女性がフリーランスになるデメリット

 

フリーランスは働く場所や時間を自由に選べる反面、仕事とプライベートの境目があいまいになりがちです。家族がいると、仕事をする時間とプライベートの時間のコントロールがさらに難しくなるでしょう。

 

また、会社員に比べて、妊娠や出産といった女性ならではのイベントに対するサポートが少ないのもフリーランスのデメリットです。例えば、フリーランスは雇用保険に加入していないため、育児休業給付金をもらえません。保育園への入園も自治体によって対応が異なるため、選考基準をよく確認しましょう。

 

金銭面で不安がある人は、個人事業主向けの給付金も活用しましょう。

女性フリーランスにおすすめの仕事10

ここからは、女性フリーランスにおすすめの仕事10選をご紹介します。Webで完結する仕事なら、ライフステージが変わっても長く働き続けられるでしょう。

事務系の仕事

オンライン秘書

オンラインでスケジュール管理や経理、事務作業などの業務サポートを提供するお仕事です。会社員時代にバックオフィスの仕事をした経験がある人におすすめで、コミュニケーションスキルやパソコンスキルを活かしてフリーランスとして活躍できます。

営業サポート

いわゆる営業事務のお仕事です。営業担当者が顧客とのやり取りに集中できるよう、受発注のデータ入力や見積書の作成といった事務業務をサポートします。営業の現場を知っている人は、営業担当者が求めていることがわかるので重宝されるでしょう。

クリエイティブ系のお仕事

女性 クリエイティブ系のお仕事

Webデザイナー

Webサイトや商品の紹介ページ(LP)のデザインを行うお仕事です。イラストレーターやフォトショップのスキルが求められることもあります。初心者の場合は、通信講座を活用して基本的なスキルを身に付けておくと仕事が見つけやすくなるでしょう。

イラストレーター

クライアントの要望に応じてイラストを描くお仕事です。チラシやパンフレットに掲載するデザインのほか、Webサイトの挿絵制作やキャラクターデザインなど、活躍の場は多岐にわたります。個人からの発注も多く、案件が豊富なのがメリットです。

ライター系のお仕事

Webライター

個人のブログや企業コラムを代筆するお仕事です。パソコンがあればすぐに始められて、特別なスキルも不要なので初心者にも人気があります。初心者は比較的単価が安く、スキルに応じて徐々に単価が上がっていくことが多いようです。

ブロガー

自分でブログを立ち上げ、広告収入を得る方法もあります。Webライターは働いた分がすぐにお金になりますが、ブロガーの場合は収益を得られるようになるまで数カ月から数年かかることもあるので注意が必要です。Webライターで生活費を稼ぎつつ、余裕が出てきたらブログを立ち上げて将来的に不労所得を目指す方法もおすすめです。

IT・技術系

プログラマー

プログラミングのスキルがあるなら、フリーランスのプログラマーとして活躍してみましょう。高度な知識を必要とするプログラマーは、常に人材が不足しています。基礎的なスキルなら、通信講座や独学で身に付けることも可能です。

システムエンジニア

顧客のシステム開発を行うお仕事です。1件あたりの受注額が大きく、収入が安定しやすいのがシステムエンジニアの大きなメリットです。実務経験があるとフリーランスとして仕事を獲得しやすくなるため、将来的に独立を目指して転職するのも一つの方法といえます。

スキル系のお仕事

スポーツインストラクター

ヨガや筋トレ、エクササイズなどの指導を行うお仕事です。オンラインを活用すれば、自宅に居ながらスポーツインストラクターとして活躍できます。

講師業

手芸や料理、英会話など、自分の得意なことを人に教えるお仕事です。「人に教える」と聞くとハードルが高そうですが、誰でも最初は初心者です。お金を払ってあなたが持っているスキルを学びたいという人は、必ずいますよ。まずはチャレンジしてみましょう。

 

▼下記にてスキルや、個人事業主の職種を紹介しておりますので、ぜひ参考にしてください。

自分の「得意」やスキルを売りたい!おすすめサイト9選と注意点を徹底解説
【教え上手は稼げる!】教えるのが上手い人がやっている10のこと
個人事業主の仕事ってどんなものがある?おすすめの職種10選!

フリーランスとして成功するためのポイント

フリーランスは、事務作業から時間管理に至るまで、全てを自分一人でこなさなければなりません。そのため、会社員とは異なるスキルが求められます。ここでは、独立後にフリーランスとして成功するためのポイントを見ていきましょう。

スキルを磨く

フリーランスとして身に付けておきたいスキルには、次のようなものがあります。

 

詳しくは独立を目指す人必須のスキルの記事を参考にしてください。

 

特に、Webで行う仕事の場合はパソコンスキルが欠かせません。職種によって求められるスキルやレベルには差があるため、自分の職種に必要なものを優先して身に付けていきましょう。

事前準備をしっかりと行う

独立直後は仕事が安定せず、思うように収入が入ってこないことがあります。フリーランスとして成功するためにはメンタルの安定も必要不可欠なので、当面の生活費を貯金したうえで独立しましょう。フリーランスに必要なスキルを磨くための時間を確保することも大切です。

 

「本当にフリーランスとして活躍できるのかな?」と不安に思う人は、まずは副業を始めてみましょう。月に5,000円でもいいので、まずは本業以外で稼ぐという経験をすることが大切です。少しずつ積み重ねていくことで、フリーランスとして活躍する道が見えてくるでしょう。

 

詳細は、下記記事を参考にしてください。

会社員からフリーランスとして独立するベストなタイミングは? 

まとめ

女性 仕事

今回は女性フリーランスにおすすめの仕事10選と、成功のポイントを解説しました。フリーランスは時間や場所にとらわれない働き方ができるというメリットがある反面、会社員のような保証がなく、一歩を踏み出せないという人が多いのも現状です。

 

一攫千金を目指してゼロからフリーランスとしてスタートを切る方法もありますが、副業で徐々に収入を増やしていき、「本業を辞めても大丈夫」という自信がついてから独立するのもおすすめの方法です。

 

まずは、自分がすでに持っているスキルを人に教えることから始めてみてはいかがでしょうか。学びたい人と教えたい人のマッチングサービス おけいこタウンは、副業を始めたい人の心強い味方です。集客から講座開講まで、 おけいこタウンWebページ上で完結できるので、初心者でも安心して副業にチャレンジできますよ。

 

北部九州の各地でスペースの貸し出しサービスもあるので、近くにお住まいの方はぜひ利用してみましょう。詳しくは おけいこタウンWebサイトをご覧ください。

 

おけいこタウン|学びたい人と教えたい人のお稽古マッチング