"先生になりたい"を応援するメディア「おけいこ先生」

   

スキルを活用したい

あなたは向いている?個人事業主になれる人となれない人の特徴を解説
スキルを活用したい
2022.07.06

あなたは向いている?個人事業主になれる人となれない人の特徴を解説

個人事業主として独立を考えているけど、自分が個人事業主に向いているか自信が持てない人は多いのではないでしょうか。本記事では、個人事業主になれる人となれない人の特徴をご紹介します。また、どのような人が成功しているかもあわせて紹介するので、参考にしてください。

改めて考える個人事業主・フリーランスのメリット・デメリットとは

これから個人事業主として独立したいと考えている人は、個人事業主・フリーランスのメリット・デメリットについて知っておくといいのではないでしょうか。メリット・デメリットは以下の表のとおりです。

 

個人事業主のメリット

個人事業主のデメリット

自由な働き方ができる

収入が不安定

仕事に必要な道具を経費で購入することができる

社会的な信用度が低い

頑張った分だけ収入が増える

社会保険などの保障が薄くなる

 

個人事業主として独立する最大のメリットは、働く場所や労働時間を自分で決められることです。好きなときに働き、好きなときに休めるので、場所や時間にとらわれない働き方ができます。また、頑張れば頑張った分だけ収入につながることも、個人事業主の楽しみといえるのではないでしょうか。

 

一方で、会社員にとって当たり前だった安定が失われる点には注意が必要です。収入が不安定になることはもちろん、社会保険の傷病手当金など、一部の保障がなくなります。独立後も会社員と同等の保障が必要な場合は、自身で保険に加入しなければなりません。

 

個人事業主のメリット・デメリットの詳細は以下の記事で紹介しておりますので、気になる人は参考にしてください。

 

個人事業主ってなに?特徴やメリットについて解説
個人事業主になるには何から始めれば?開業届など必要な書類と手続きを解説

個人事業主・フリーランスになれない人の特徴とは

ここからは、個人事業主になれない人、成功できない人の特徴をご紹介します。特に依存気質な人は、個人事業主として成功するのは難しいでしょう。その理由もあわせてご紹介します。

主体的に行動できない人

まず、主体的に行動できない人は個人事業主になることが難しいでしょう。個人事業主は、会社員のように仕事が与えられるわけではないので、自身で案件を獲得する必要があります。

 

そのため、仕事がなければ自身で営業を行う必要がありますし、営業が上手くいかなければ収入につながらないため、貯蓄をくずして生活する人も少なくありません。自分がどのようにして行動すべきか計画して、計画を実行に移せる行動力と主体性が必要です。

現状に満足している人

現状に満足している人も個人事業主になるのは難しいでしょう。先述したとおり、個人事業主は会社員と比べて収入や保障が不安定です。そのため現状に満足していると、何かトラブルが起こった際に対応できなくなってしまいます。

 

個人事業主になって成功するためには、現状に満足せず、常に向上心を持って行動することが大切です。収入や働き方はもちろん、技術や知識なども、より良いものにできるよう意識しましょう。

独立後の目標を持っていない人

独立後の目標を持たずに、なんとなく独立してしまう人も個人事業主で成功するのは難しいでしょう。独立するだけなら、誰でも個人事業主になれてしまうからです。

 

特に独立後の目標はとても重要で、収入や働き方の方向性が定まっていないと軸がブレてしまい、成功確率が低いことに注力してしまいます。

 

個人事業主は何でもできますが、何をしていても周りがフォローしてくれないので、独立する前に今後の目標を設定しておきましょう。そうすることで、自分が注力すべき目標に向かって行動できるようになります。

個人事業主・フリーランスになれる人の特徴とは

ここからは、個人事業主になれる人、成功できる人の特徴をご紹介します。特に、の行動に対して責任を持てる人は、個人事業主として成功できるはずです。

自分の能力や強みを理解している人

自分の能力や強みを理解している人は、個人事業主として成功できる印象を持ちます。会社員は強みを持った人よりも、弱みを持たない人のほうが重宝されがちです。しかし個人事業主は、自分の強みをさらに伸ばすほうが上手くいきます。

 

自分の能力や強みを分析したうえで、個人事業主のほうが自分の強みを活かせると思うのであれば、独立することをおすすめします。なお、独立する際は予備資金として生活費の3か月程度を貯蓄しておきましょう。

 

個人事業主・フリーランスとして独立を考えている人は、こちらの記事を参考にしてください。

 

会社員からフリーランスとして独立するベストなタイミングは? 

自分の行動に責任を持ちリスクが負える人

個人事業主になれる人は、自分の行動に責任を持ちリスクが負える人が多いです。いわゆる自己責任という考え方ができるので、上手くいかないことがあっても誰かのせいにすることはありません。

 

個人事業主になると、自己責任をベースに考えることはとても大切です。理由は、上手くいかないことが起こった場合に改善策を講じることができるからです。他責思考だと、誰かのせいにして思考が止まってしまい、上手くいかない状況から抜け出すことができません。

 

案件が獲得できない理由や、収入が上がらない理由を分析して改善することが、個人事業主として成功するために必要な考え方です。

セルフコントロールが上手な人

セルフコントロールが上手な人も、個人事業主になれる人の特徴です。個人事業主は会社員と違って、不安定なことが多いです。特に仕事の数に応じて収入も変動するので、月収50万円の月があれば、月収20万円の月もあるという人がほとんどです。

 

個人事業主は成果主義なので、収入が多い月は忙しく、休みが多い月は収入がないといった状況になりやすい特徴があります。そのため、自身のメンタルが保てず、休業してしまう人がいるほどです。

 

セルフコントロールのコツは、自分がいま何に対して不安を感じているかを明確にすることです。具体的には、徹底して不安を紙に書き出す方法や、瞑想をしてマインドフルネスの状態になる方法をおすすめします。

個人事業主になることで自分の強みが発揮できるなら独立しよう

本記事では、個人事業主になれる人となれない人の特徴を紹介しました。個人事業主は会社員と違って、保障が薄くなる点や、給与(報酬)が安定していない点はデメリットになりますが、頑張れば頑張った分だけ成果につながるのが大きなメリットです。

 

個人事業主になって成功するためには、誰かのせいにするのではなく、自己責任として自分の現状を分析して改善することが必要です。また、個人事業主になって何がしたいのかを明確にすると成功がさらに近づくのではないでしょうか。

 

おけいこタウンでは、他にも個人事業主に役立つ記事を多数掲載しているので、気になる人は参考にしてください。

 

おけいこタウン|学びたい人と教えたい人のお稽古マッチング