"教える"を本業・副業に。
スキルアップのためのおけいこメディア

   

講座を開催したい

【おけいこ先生講座レビュー】島川先生「ハーバリウム体験講座」
講座を開催したい
2022.03.02

【おけいこ先生講座レビュー】島川先生「ハーバリウム体験講座」

おけいこタウンでは、九州でさまざまなスキルを持つ先生が活躍しています。

今回は、福岡県を中心に「ハーバリウム体験講座」を開催している島川先生の講座を体験してきました。島川先生が講座でどのようなことを行っているのかについて、講座の流れとともにご紹介していきます。また、島川先生に「先生」を始めようと思ったきっかけや生徒との触れ合いで得られる喜びについてもインタビューしてきました。

【島川理子先生】

「教えたい」「伝えたい」という想いを胸に「先生」として活躍中。何もないところからモノを作るワクワク感を生徒さんと共有できる喜びを大切にしています。「何か新しいことを始めたい!」「素敵なアートを仕事にしてみたい!」など生徒さん一人ひとりのニーズに合わせ、趣味の充実や資格取得のサポートを行っています。

 

「ハーバリウム体験講座」体験レビュー

今回は、九州電力西営業所 クッキングスタジオで開催された島川先生の「ハーバリウム体験講座」に参加しました。開催場所はおけいこタウンから提供されており、駅からのアクセスも良く、わかりやすい場所にあります。クッキングスタジオに入ると明るい笑顔で出迎えてくれた島川先生。和やかな雰囲気の中、講座が始まりました。

 

ハーバリウムとは、プリザーブドフラワーやドライフラワーなどをオシャレなボトルに入れ、専用のオイルに浸すことで、花の美しさを長期間楽しむことができるインテリアフラワーです。

 

スタジオには、ハーバリウムに使う色とりどりのプリザーブドフラワーが並び、華やかな雰囲気。ハーバリウム初心者であることを島川先生に伝えると、「アートの世界には失敗がない」という心強い言葉をいただきました。

 

 

まずは、今回作るハーバリウムの基調となる色を選びます。アジサイとバラのプリザーブドフラワーがありましたが、色を基調としてハーバリウムを作っていく場合は、アジサイの色を選び、バラをポイント色とするとのこと。出来上がるハーバリウムのすべてを左右する色選びは難しいですが、ものづくりの楽しさを実感できるところでもあります。

 

 

島川先生にアドバイスを受け、今回のハーバリウムは緑を基調とすることにしました。濃い緑や薄い緑などを組み合わせながら、緑に合わせたい色を選んでいきます。この段階では、完成品がどのようなものになるのかイメージできていません。アジサイの中から使いたい色を選んだら、ポイントとなるバラの色を選びます。そして、最後にハーバリウムの立体感を持たせる上で重要な役割を果たすかすみ草の色を選びます。

 

 

選んだプリザーブドフラワーやパールをお皿に載せると、それだけですでにアートの作品のよう。島川先生が準備してくれたお皿も花の美しさが引き立つもので、細やかな気配りが感じられました。

 

 

ハーバリウムに使うプリザーブドフラワーを選んだら、実際にボトルに入れるために、枝などを切っていきます。島川先生に切り取る箇所などを丁寧に教えていただき、一つずつ丁寧に花を整えました。専用のオイルに花を入れると膨張して見えるので、細かいところまで枝を切っておくのがポイントだそうです。島川先生が一つひとつの花のことを「この子」と表現していることから、先生の優しさや花に対する想いが伝わってきました。

 

 

次に、成形したプリザーブドフラワーやパールなどをお皿の上でデザインしていきます。初心者の私には最初は完成イメージが湧きにくかったのですが、この工程を経ることで、出来上がるハーバリウムが具体的になりました。ポイントとなるオレンジのバラの配置などを島川先生にアドバイスいただいたおかげで、全体のバランスも整いました。

 

 

今回ハーバリウムのボトルとして使うのは、ハイヒールボトル。可愛い見た目からも非常に人気があるボトルだそうです。枝などを切って成形したプリザーブドフラワーを、このハイヒールボトルにピンセットを使って入れていきます。ハイヒールの形をしていることから、プリザーブドフラワーを入れていくのが難しいとのことでした。難関は、ハイヒールのつま先にプリザーブドフラワーをキレイに入れること。先の折れたピンセットで一つずつ入れていきます。

 

ピンセットの使い方などを島川先生に教わりながら、つま先にキレイにプリザーブドフラワーを入れることができました。そして、ハイヒールボトル全体にプリザーブドフラワーやパールを入れていきます。要所となる場所に、立体感を出しアジサイなどの浮きを防止するかすみ草を配置。島川先生がプロの目線で、かすみ草を入れる場所をアドバイスしてくれました。このかすみ草をうまく配置することで、出来上がりが大きく違ってくるそうです。

 

 

前からだけでなく、後ろから見ても美しいハーバリウムに仕上げることが大切ということで、かかと部分の配置にも気を配りました。専用のオイルを入れる前の出来上がりを見て、初心者でもこんなにキレイなハーバリウムが作れるのかと感嘆しました。仕上げの専用のオイルは入れ方にコツがあるとのことで、島川先生に入れていただきました。

 

 

ついに初めてのハーバリウム完成間近で心が躍ります。島川先生が最初におっしゃった「アートの世界に失敗はない」という言葉を改めて思いだし、作品に込めた想いやモノを作りたいという気持ちが大切であることを実感しました。島川先生が専用のオイルを入れ終わったら、ボトルに封をして、最後にリボンを選んでハーバリウムの完成です。

 

 

今回講座に参加したことで、ものづくりのワクワク感や完成したときの喜びなど、ハーバリウムのさまざまな魅力がわかりました。講座で作った作品は、受講の思い出とともにかけがえのないものです。

 

島川先生が生徒さんに伝えたいハーバリウムの楽しさを実感しました。他の生徒さんも、島川先生の明るい雰囲気の講座を楽しみに通われていることと思います。

 

すべてを教えるのではなく、「アート」として生徒さんの自由な発想を大切にされている島川先生。温かい視線で生徒さんの制作を見守り、アートの奥深さを伝える島川先生の講座はこれからも多くの生徒に支持されるでしょう。

 

島川先生へのQAコーナー

 

先生を始めようと思ったきっかけを教えてください。

私が持っている技術を多くの人に伝えたいと思ったのが「先生」として活動を始めたきっかけです。私の技術が少しでも誰かの役に立てばと思いました。始めた当初はなかなか生徒さんが集まらず苦労しましたが、九州電力の講座を担当させていただくなど、自分のペースで教えていくうちに自然と生徒さんが増えていきました。

 

実際に先生になってどうですか?生徒さんとの触れ合いで得られる喜びなどあれば教えてください。

生徒さんの笑顔が一番嬉しいですね。「ありがとうございます」「受講してよかったです」などの言葉をいただくと、活動を続けてきてよかったと思います。また、生徒さんが技術を身につけて「毎日が楽しくなりました」「先生のおかげです」など笑顔で声をかけてくれたときは、自分の技術が人の役に立っていると実感します。

 

おけいこタウンを利用しようと思ったきっかけを教えてください。

おけいこタウンで活動を始める前まで、集客はSNSやチラシの配布が中心でした。しかし、その方法では限界があったので、より多くの人に知ってもらい、受講してもらえる講座にしたいと考え、おけいこタウンでの活動を始めました。

 

実際におけいこタウンを利用してみてどうですか?

個人事業主にとって難しい「集客」のサポートがあり、非常に助かっています。また、九州電力が運営しているという信頼感も大きいですね。生徒さんの講座に対する印象も変わってきます。信用される個人事業主として活動できていると実感しています。

 

おけいこタウンのメリットを教えてください。

集客のサポートももちろんですが、オンラインで講座を開催した際にZoomが無制限で使える点も大きなメリットだと思っています。また、生徒さんからの支払いなどさまざまな面でも、九州電力が提供しているサービスだからこその安心感がありますね。

 

これからおけいこタウンを利用しようと考えている方にメッセージを。

「誰かの役に立ちたい」「教えたい」「伝えたい」という想いを持っている方が、自身のスキルを最大限に活かして活躍できる場が おけいこタウンです。初めて「先生」になる方も手厚いサポートがあるので安心です。アクセスのよい講座の開催場所も提供してくださるので、ぜひ活用してみてください。

おけいこタウン|学びたい人と教えたい人のお稽古マッチング