初心者のあなたもオンライン講師デビュー!実際の収入や始め方など今すぐ役立つ情報を紹介! | おけいこ先生|先生になりたいを応援するメディアby九州電力

"先生になりたい"を応援するメディア「おけいこ先生」

   

講座開催の教科書

初心者のあなたもオンライン講師デビュー!実際の収入や始め方など今すぐ役立つ情報を紹介!
講座開催の教科書
2021.09.27

初心者のあなたもオンライン講師デビュー!実際の収入や始め方など今すぐ役立つ情報を紹介!

・副業でオンライン講師をやってみたい

・何から手をつけていいか分からない

・実際どのくらい稼げるの?

 

こんな風に思っていませんか?

 

オンライン講師は、今大人気の副業です。ネット環境があれば世界中どこからでも生徒さんを集めることができるので、仕事の幅は無限大と言えるでしょう。実際にどのくらいの時間を確保する必要があって、どのくらい稼げるのかも気になるところですよね。

 

今回は、オンライン講師デビューを考えている初心者の方に向けて、オンライン講師の副業を始める方法や実際の収入など、今すぐ役立つ情報を分かりやすく解説します。

 

オンライン講師の方が講座開催時に利用可能なスペースの提供や、授業への集客をサポート・バックアップするプラットフォームも紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

オンライン講師の収入は?

 

まずは、気になるオンライン講師の収入から見ていきましょう。オンライン講師とレッスンを受講したい生徒さんがマッチングできる登録制プラットフォームの場合、プラットフォームによって差はありますが、次のような価格帯が一般的です。

20218月に調査を実施)

 レッスンの価格帯の一例

・小中学生向けの家庭教師→1,000円~3,500円(60分)

・大人向けの英会話→1,000円~5,000円(60分)

・楽器のレッスン→1,000円~3,000円(60分)

・ヨガレッスン→1,500円~3,000円(60分)

・就活対策などの専門的な内容→6,000円~(60分)

 

オンライン講師の収入の一例

13,000円(税込み)のレッスンを平日に12×2回行った場合→1か月で48,000

13,000円(税込み)のレッスンを土日に13回行った場合→1か月で72,000

 

 

家庭教師や楽器、ヨガといったメジャーな習い事はライバルが多く、最初はなかなか集客できません。また、すでにレッスン単価の相場が決まっているため、それに合わせてレッスン料を設定する必要があります。

 

登録制プラットフォームの場合、講師の評価が閲覧できることが多いため、レッスンを何度も行い、生徒さんから良い評価をもらってリピートしてもらうことが人気講師への近道です。リピートの生徒さんが増えれば増えるほど、売上も安定していきます。

 

一方で、就活対策などのニッチ(穴場)な分野はもともと講師の数が少ないので、単価を高めに設定しても生徒さんに受講してもらえる可能性が高くなります。また、英会話などのライバルが多い分野であっても、「英語指導者の資格を持っている」「海外の大学を卒業している」など、差別化ポイントがあれば高単価を狙うことができます。

 

まずは、自分の得意分野のレッスンについて相場を把握し、他のオンライン講師と差別化できるポイントがないかどうか考えてみましょう。

 

また、副業は本業やプライベートの時間とのバランスを取ることが大切です。副業に割ける時間を計算し、最初は低めに目標設定を行うのが挫折しないためのポイントです。

 

オンライン講師になる3つの方法

 ジャンルと目標設定ができたら、実際にオンライン講師になるための方法について学びましょう。3つの代表的な方法について、メリットとデメリットも併せて紹介します。

 自分でウェブサイトを立ち上げる

 教室のウェブサイトを立ち上げて集客する方法です。登録制のプラットフォームに比べて内容を自由にカスタマイズできますが、3つの中で最も手間と費用がかかります。

メリット:

・ホームページのデザインや内容を自分で好きなようにカスタマイズできる

Googleなどのリサーチで見つけてもらえる可能性がある

・ライバルに単価を合わせる必要がない

デメリット:

・ウェブサイトを立ち上げるために数万円~数十万円の初期費用がかかる

・まずはウェブサイトの存在を知ってもらうためにSNS等での集客が必要

既存のオンラインスクールでアルバイトをする

英会話やヨガなどのオンラインスクールを運営している企業の求人に応募し、アルバイトとしてオンライン講師をする方法です。3つの中で一番手軽に始められますが、オンライン限定の格安英会話スクールなどは、報酬が非常に安いケースがあるので注意が必要です。

メリット:

・オンラインレッスンを行う環境が整っている

・研修制度やマニュアルがあるので、初心者でも始めやすい

・トラブル対応など事務局のサポートを受けることができる

デメリット:

・報酬が時給換算で500円以下になるケースもある

・講師経験年数や資格などの条件が設定されている場合がある

・講師が多いプラットフォームの場合はなかなかレッスンが回ってこないこともある

 

登録制のマッチングアプリを利用する

 オンライン講師とレッスンを受講したい生徒さんをつなげるマッチングアプリやウェブサイトを活用した方法です。メールアドレスなどを登録するだけで気軽に始めることができます。

メリット:

・プラットフォームを利用している生徒さんとのタッチポイントができる

・初期費用無料のところが多い

・自分でウェブサイトを立ち上げた場合と比べて集客にかかる手間が少ない

デメリット:

・ライバルが多いので、実績が増えてくるまでは収入が思うように得られない

・リピーターを増やして稼げるようになるかどうかは講師の腕次第

・レッスン中に回線トラブルなどが起きても事務局のサポートがない

 

初心者に一番おすすめの方法は?


 
ここまで、オンライン講師の収入や始め方などを紹介しました。

 

一番手間がかからないのはオンライン講師としてアルバイトをすることですが、時給や「1コマあたり〇円」という形で報酬が決まっているため、収入をアップするためにはレッスン数を増やすか、雇用主に単価の交渉をするしかありません。

 

また、副業の場合は「平日の夜のみ」「土日のみ」など、レッスンを受け持つことができる時間に制限が出てくるので、その時間帯にレッスンが実施されているのかどうかをあらかじめ雇用主に確認しておきましょう。

 

3つの中で一番おすすめなのが、登録制のマッチングアプリやウェブサイトを使用する方法です。プラットフォーム上で集客が可能で、レッスンの価格や時間帯、どの程度レッスンを受け持つかといった詳細を自分で決めることができるため、副業で効率よく稼ぐことができます。

 

ただし、そういったプラットフォームの多くは講師として登録するところまでしかサポートがありません。登録後にプロフィールを設定し、生徒さんから受講の申し込みがあった場合は、授業内容の考案、実施にいたるまですべて講師自身が行う必要があります。つまり、利用するのは簡単だけど、結局すべてを自分でセッティングする必要があり、稼げるかどうかは講師の腕次第ということです。

 

おけいこタウンなら集客から講座開設までサポート!

 学びたい人と教えたい人のマッチングサービス「おけいこタウン」では、集客から講座開設、レッスンの開催予約、実施までの流れをすべてプラットフォーム上で完結することができます。そのため、パソコン操作に自信がない方でも安心してオンライン講師としてデビューすることができます。また、事務局によるサポートもありますので、分からないことがあれば質問できるのも大きなメリットですよね。

 

さらに、対面で講座を開催されたい場合に利用可能なスペースもあります。スペースの提供は九州地方限定となりますので、詳しくはおけいこタウンのホームページでご確認ください。

 

まとめ

 今回は、オンライン講師デビューを考えている初心者の方に向けて、オンライン講師の副業を始める方法や実際の収入など、今すぐ役立つ情報を分かりやすく解説しました。長引くコロナ禍で、今後、副業を始める人はますます増えていくでしょう。オンライン講師として成功するコツは、とにかく実践を積むことです。レッスンを繰り返していくうちに課題が明確になり、リピーターの生徒さんがつく頃には、あなたも大人気オンライン講師の仲間入りです。最初は誰でも初心者なので、難しく考えず、まずは一歩を踏み出してみましょう。

おけいこタウン|学びたい人と教えたい人のお稽古マッチング