"教える"を本業・副業に。
スキルアップのためのおけいこメディア

   

講座を開催したい

【おけいこタウン講座レビュー】朝妻亜希子先生「パリスタイルのフラワーアレンジメント デビュタントクラス」
講座を開催したい
2023.01.11

【おけいこタウン講座レビュー】朝妻亜希子先生「パリスタイルのフラワーアレンジメント デビュタントクラス」

おけいこタウンでは、さまざまなスキルを持つ先生が活躍しています。「おけいこタウン講座レビュー」では、そんな先生方の講座を実際に体験したレポーターが、当日の様子や先生のお人柄をお届けします。
 
今回体験した講座は、季節に合わせた花のアレンジメントが学べる「パリスタイルのフラワーアレンジメント デビュタントクラス」。フランス・パリで好まれる色彩、花合わせ、技術などを学び、実際にアレンジに挑戦します。講師は、フラワーデザイナーの朝妻亜希子先生。当日はもちろん、その後も持ち帰った花を見て癒やされる、お花好きにぴったりのレッスンの様子を、当日の流れとともにご紹介します。また、先生がおけいこで大切にされていることについてもインタビューしてきました。
 
【朝妻 亜希子 先生のご紹介】
ヒビヤフラワーアカデミーを卒業し、日本プリザーブドフラワー協会(JPFA)のディプロマを取得。その後、パリで活躍するフローリストの方々などに指導を受け、講師の道へ。トレンドを取り入れたデザインや花合わせ、パリスタイルのアレンジを得意とし、複数のカルチャースクールでレッスンを開催しています。季節のイベントも取り入れたレッスンメニューは、季節の移ろいが感じられると好評。アレンジの基礎から教えてくれるので、初心者にもおすすめです。

「パリスタイルのフラワーアレンジメント デビュタントクラス」体験レビュー

お部屋に花を飾ると、ぱっとその場が華やいで、気持ちが明るくなった経験はありませんか。でも自分でお花屋さんに赴いてみると花の組み合わせに悩み、さらに自宅で花瓶に生けてみるとうまくバランスが取れない…なんてことも。そこでおすすめなのが、フラワーアレンジメントのレッスンです。

「花は好きだけどアレンジが苦手」「お友達へのプレゼントにもなるようなブーケを作ってみたい」「季節感のあるアレンジを楽しみたい」という方にぴったり。そこで今回は、福岡トヨタ自動車株式会社 本社ショールームで開催されるフラワーアレンジメント教室へ。クリスマスシーズンを前にエヴァーグリーンのクリスマスリース作りにチャレンジしてきました。

 

 

今回、リース作りを教えてくれるのは、朝妻亜希子先生。その場の雰囲気がほんわかと和らぐ優しい笑顔が印象的な先生です。作業テーブルには、すでに今日使用するヒバやモミなどクリスマスらしい花材の一部が並び、早くも気持ちが盛り上がります。この日参加する生徒さんの中には、初心者の方だけでなく、朝妻先生のレッスンを長く受けられている方もいたのですが、「先生の選ぶ花材のセンスが本当にすてきで、ずっと通っているんです」とのこと。プロ目線で選ばれた花材でアレンジができるのもレッスンの魅力の一つですね。

 

 

同じ緑でも濃淡の違いや葉の形の違いがあり、花材を見比べていると「ヒバやモミは、針葉樹独特の香りがあるんですよ」と朝妻先生。みんなでその爽やかな香りを楽しみ、場が温まったところで早速レッスンのスタートです。

 

 

「まずは、ヒバの枝を10cmほどのサイズにカットしていきましょう」。朝妻先生が用意してくれた10cmのリボンをもとに、1m近くはありそうなヒバの枝2本をカット。葉によって、形が良いものと少し崩れているものの2つのグループに分けていきます。黙々と作業を行いますが、朝妻先生は生徒さんのテーブルを順に巡ってくれます。「もう少し長くカットすると良いですよ」「この葉の形はきれいですね」などと声をかけてくれるので、初めてのリース作りも安心です。

 

 

ヒバが終われば、そのほかの花材も同じようにカット。生徒さんそれぞれのペースに合わせて次の花材を用意し、その都度指導してくれるのもうれしいですね。

 

 

全ての花材の下準備が終えたら、いよいよリースを形にしていきます。土台となるドーナツ状の木の枠に、ワイヤーを使ってカットした花材を巻き付けていく作業です。「いろんな花材を混ぜながら作っていきましょう。ワイヤーは、ドライになったときに形が崩れてしまわないように、力を入れてぎゅっと巻いてくださいね」とのアドバイスをもとに、スタート!完成をイメージしながら、ベースとなるヒバのほか、木の実やモミなどインパクトがある花材を交えて編み込んでいきます。

 

 

一周ぐるりと巻き付けたら、朝妻先生と一緒にチェック。テーブルに置いて、上にする向きを決めたら、飾るための糸を付け、クルミや松ぼっくり、リボンを加えてついに完成です!「同じ花材を使っていても、生徒さんの個性が表れるんですよ」と朝妻先生。ほかの生徒さんの作品と並べてみるとボリュームや木の実のバランスなどに違いが見られます。

 

 

出来上がったリースはもちろん持ち帰れます。「ご自宅の玄関やお部屋に飾ってくださいね。日当たりが良すぎない場所がおすすめ。ドライになっても飾れるので、長く楽しめますよ」。

 

帰って早速リビングに飾ると、数日はリースの周りで針葉樹の爽やかな香りを楽しむことができました。クリスマスムードが一気に増して、慌ただしい日々の中でも季節を感じ、心のゆとりが生まれた気がします。作るときだけでなく、その後も楽しめて暮らしを豊かにしてくれるフラワーアレンジメント。緑に触れることはもちろん、生徒さん一人一人のペースに合わせながら、優しくアドバイスしてくれ、完成したときにはまるで自分ごとのように一緒に喜んでくれる、やわらかな雰囲気の朝妻先生のおかげで、癒やしのひとときとなりました。

朝妻先生へのQ&Aコーナー

先生を始めようと思ったきっかけを教えてください

フラワーアレンジメントに興味があって、日比谷花壇のフラワースクールに通い始めたのがそもそものきっかけです。卒業後は、さらに技術を磨くために海外で活躍するフローリストをはじめ、さまざまな先生のもとで学び、フラワーアレンジメントの講師としてカルチャースクールで講座を開講しました。

実際に先生になってどうですか?

「おけいこタウン」の前にも、いくつかカルチャースクールで講座を担当していました。お花が好きな方は優しい人が多いんですね。皆さんが習い事を楽しく感じたり、お花に癒やされたりしているので、こちらもマイナスなことは言わずに、レッスンを楽しんでもらうことを心がけています。

生徒さんとの触れ合いで得られる喜びなどがあれば教えてください

生徒さんの笑顔を見ると、こちらもうれしくなりますね。もちろん、初心者の方の中にはうまくいかずに落ち込まれることもありますが、できているところは必ずあります。うまくいったところを伝えたときに、ぱっと喜ばれる様子も印象的です。

おけいこタウンを利用しようと思ったきっかけを教えてください

1〜2年ほど前に、説明会に参加したことがきっかけです。当時は別のカルチャー教室で講座を持っていたのですが、ちょうど新型コロナウイルスが流行していて対面レッスンができず悩んでいたころでした。そこで、天神エリアから近い場所が手頃な価格で利用できる「おけいこタウン」に申し込むことにしたのです。

実際におけいこタウンを利用してみてどうですか?

多くのカルチャースクールでは、生徒さんが利用する際に入会金がかかったり、3カ月ごとの更新だったりする場合が一般的です。でも、おけいこタウンは入会金も必要なく、1回ごとに参加費を払うので、生徒さんに負担がなく通いやすい印象です。特にフラワーアレンジメントは、レッスン料に加えて花材料も必要。お休みをされるとその分、生徒さんの負担が大きいので、興味を持ったテーマや都合が良い日時のレッスンを選んで気軽に受けることができるスタイルとは相性が良いと思いました。

おけいこタウンのメリットを教えてください

まず、立地の良さです。レッスンでは、福岡トヨタ自動車株式会社 本社ショールームを利用しているのですが、天神南駅から徒歩5分圏内。福岡市内からはもちろん、周辺エリアから訪れる人にとってもアクセスが良い場所です。またこちらの会場は、自動車のショールームというだけあって、とてもきれい。一面ガラス張りで開放的です。お天気が良ければ、日の光を感じることもできてお花のレッスンにはぴったりです。

これからおけいこタウンを利用しようと考えている方にメッセージを

さまざまな事情で、毎月同じ曜日・時間にレッスンができる方ばかりとは限りません。でも、日時や曜日の制限がなく、ご自身が開講したいと思うタイミングで都度レッスンが開けるのがおけいこタウンの良さ。講師になりたいけれど、家庭や仕事の都合でスケジュールを立てるのが難しいという方、季節に合わせたテーマのレッスンを単発で開きたいという方には、特におすすめしたいです。

 

おけいこタウン|学びたい人と教えたい人のお稽古マッチング